はじめまして。
私たちはあらゆる紙を販売している『紙屋』です。


「紙屋さんってどんなことをしているの?」

よく一般のお客さまからそのようなご質問をいただきます。

私たちは数多くの紙を作るメーカーさんや代理店さんから紙を仕入れ、
お客さまの希望サイズに『断裁』をしてお届けしています。


印刷会社さまに販売させて頂くことが多いのですが、

『用途や雰囲気に合った紙を提案してほしい』

というお声をデザイナーさまやエンドユーザーのお客さまから頂くことも増えてきました。


様々な銘柄の中からご要望に合う紙をご提案するだけでなく、
『印刷』や『加工』など紙+αのお手伝いもしております。


〇〇な紙が欲しい・〇〇を作りたい
そんな多くの方と、『紙』との新しい出会いのお手伝いができるよう。
『紙』の新しい可能性を広げることができるよう。



昔からのご友人に相談するように、どうぞお気軽にご相談ください。
紙を使ったプロダクトやおすすめの新銘柄などをご紹介。
"紙"を生かした製品を各種取り扱っています。

・NEUE
NEUE
・デザインメモロール
デザインメモロール
・パスコ
パスコ
・バルカナイズドファイバー
バルカナイズドファイバー
・ハートエンボス紙
ハートエンボス紙
スパンフローラ 業務用障子紙

2019.4.3
第28回文具祭りに参加いたしました!


『文具祭り』とは…
URL⇒ http://www.boo3.net/bungumatsuri/

当社は、NEUEのPRをしました。
YouTubeで生配信されましたので是非チェックしてみてください。
(1:34:46~1:51:13が吉川のパートです。)

↓YouTube動画↓
https://youtu.be/eqcP7a1C5lo
2019.3.14
採用情報のページを更新しました
2018.7.23
採用情報のページを更新しました
2018.3.1
採用情報のページを更新しました
2016.11.2
【!】当社吉川正悟社長が藍綬褒章を頂戴しました。詳しい記事はこちらよりFacebook

代表取締役社長 吉川 正悟
  代表取締役 社長
  吉川 正悟


紙に対する思い

 以前、紙・水・空気は私たちの身の回りにあってなくてはならない存在なのに、余りにも当然のようにある為、人はそれらに対してこだわりを持っていませんでした。 ところが最近は水がブームになり、空気までが『空気の缶詰』として売られたりしています。 空気はともかく水は『○○のおいしい水』や『○○山脈のミネラルウォーター』といった風なブランド品として売られています。

 紙はどうでしょう?皆さんには「どこの紙が好き」とか「どんな紙が好き」というこだわりがありますか?

 紙も水や空気同様、生活になくてはならないものであると同時に水や空気以上に地域や文化による違いがありますし、個性があります。

 私たち吉川紙商事は『人と紙が出合い、人と人が出会う』をコンセプトに人と紙、人と人をつなぐ紙専門商社として明治42年の創業以来紙を愛し、紙と共に生きてきました。皆さんにもっと紙を知ってもらい、紙に親しんでもらう為にこの『紙hiroba』を開設しました。この広場を通じてもっと紙に興味を持ち、疑問を持ち、紙を知ってもらえたら幸いだと思っています。

 『紙は文化のバロメーター』という言葉があります。紙の消費量と文化の発達の関係を表した言葉です。時代が変わり環境問題と紙に対する関心が持たれ始めている今、世間にはまだまだ紙に関する間違った情報があります。
 皆さんがこの『紙hiroba』を通じ紙に対する興味を持ち、紙に関する本当の情報を得、地球環境に優しい紙を好きになっていただければ紙のプロとして100年近くを生きてきた吉川紙商事としてこれ以上の喜びはありません。

 空気や水のように身近で無くてはならない紙のことを今まで以上に知り、地球環境を守ると共に皆さんの生活がより豊かになることを願っています。

社是


  『愛情・信頼・歴史』

会社概要


商号 吉川紙商事株式会社
創業 明治42年12月
設立 昭和16年1月
資本金 9600万円
代表者 代表取締役社長 吉川 正悟(よしかわ せいご)
従業員数 163人(2017年2月現在)
事業内容 洋紙、和紙、板紙、特殊紙、紙製品、印刷物、アルミ加工品、不織布、合成紙の国内外販売
IBMコンピュータ(ハード、ソフト)の販売         
事業所 本社
東京本店
YBS(ビジネスシステムズ事業部)
名古屋支店
大阪支店
仙台支店
永代倉庫
環境方針 環境への思い(pdfファイル:288kb)
環境活動 FSCⓇ森林認証制度のCoC認証(認証登録番号:SGSHK-COC-001949)
プライベートブランド 新木古利 (SHINKIKORI)

                       
                               


本社 〒104-0031 東京都中央区京橋2-11-4 カクトビル宝町TEL:03-3665-1661(代表) MAP
FAX:03-3665-1660
本店 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町14-2TEL:03-3665-1661(代表) MAP
FAX:03-3665-1660
ビジネスシステムズ事業部(YBS) 〒103-0015 東京都中央区日本橋箱崎町14-2TEL:03-3665-1645(代表) MAP
          →YBSはこちら FAX:03-3665-1652
名古屋支店 〒460-0002 愛知県名古屋市中区丸の内3-17-29TEL:052-959-3761(代表) MAP
FAX:052-959-3766
大阪支店 〒577-0066 大阪府東大阪市高井田本通5-1-5TEL:06-6781-6633(代表) MAP
FAX:06-6783-2927
仙台支店 〒980-0014 宮城県仙台市青葉区本町2-10-28 カメイ仙台グリーンシティTEL:022-264-8971(代表) MAP
FAX:022-264-8973
永代倉庫 〒135-0044 東京都江東区越中島1-1-1TEL:03-3643-6521(代表) MAP
FAX:036-3643-6529
吉川紙商事株式会社では、「紙」・「印刷」・「加工」・「コンピュータ関連」・「紙製品」・「ノベルティ」など
各種様々なお問い合わせに対応させて頂いております。

現在「Eメール」にてお問い合わせを承っております。

ご要望が御座いましたらどなた様もお気軽にお問い合わせ下さい。


E-mailでのお問い合わせ

こちら(kamihiroba@yoshikawa.co.jp)まで
メールにてお問い合わせの際は、【貴社名(または職業)】・【お名前】・【返信先メールアドレス】を必ず明記下さい。


※月~金9:00~16:00までの時間帯に対応させていただきます(土、日、祝日は営業しておりません)。
※ご連絡の際は「ホームページを見ました」と一言添えて頂くとスムーズにお取り継ぎできます。
紙について知りたい時、紙を購入したい時のご参考に。
他にご不明な点や疑問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。⇒【お問い合わせ】



■紙について


紙の『Y』や『T』、『4/6』とは?
紙の『連量』や『米坪』、『斤量』とは?


■環境に配慮した紙について


環境に配慮した紙とは?

■ご購入について


紙を購入したい時は?



『Y』や『T』は紙の"流れ目"、『4/6(しろく)』は紙の寸法の事。

紙の繊維の方向を"目"と言い、紙の長辺に対して平行方向に繊維が向いている(流れている)目を『T(縦)目』、垂直方向に流れている目を『Y(横)目』と言います。
繊維はこの目の方向によって伸縮したり折り曲げにくくなったりする為、印刷や加工の際に応じて目を選ぶ必要があるのです。

紙の寸法はJIS規格で定められており、『4/6』とは『四六判』と呼ばれる寸法を指します。(788×1091mm)

紙は製紙メーカーで抄造されますが、はじめから身の回りでよく目にする四角い形ではありません。

メーカーでは大量の紙を作る為、抄いた紙を大きなロール状に巻き取りながら抄造しています。
このロール(巻取)を断裁し、大きな長方形の紙にします。
これを更に『四六判』などの規格寸法に断裁した物がメーカーから出荷されるのです。

『四六判』の他に、A判、B判、菊判、ハトロン判などの紙の規格サイズがあります。



どちらも紙の"重量"を表す単位です。紙の大きさや厚さの目安になる為、目や寸法と同様に紙の取引には欠かせない項目です。

『米坪』:1㎡のサイズの紙1枚あたりの重さ(g)の事。
『連量』:指定寸法に仕立てた紙1,000枚の重さ(kg)の事で、1,000枚=1連(1R)と呼びます。(板紙の場合は100枚で1連。)
『斤量』と呼ばれる事もあります。


同じ規格サイズの紙の連量を見比べた時に、連量が大きければ大きい程厚い紙になり、小さければ小さい程薄い紙と言えます。
ただし、銘柄毎に連量や紙の厚みは異なる為、銘柄が違えば同じ連量の紙でも厚みや紙の繊維の密度が異なります。



再生紙、非木材紙、森林認証紙や間伐材紙など、国内でも環境に配慮した紙への関心が年々高まってきています。
弊社はFSCⓇ森林認証(CoC認証)を2004年に取得、環境対応紙を販売すると共に「環境への思い」(環境理念)を提唱しています。
紙を扱う企業として、紙を通じて環境への配慮に取り組んでいます。
(認証登録番号:SGSHK-COC-001949)



ありがとうございます!
紙の販売につきましては、【お問い合わせ】、また直接お電話やメールでも受け付けております。
印刷や断裁、各種紙加工についてもご相談を承っております。
お気軽にお問い合わせください。

※現在メールにてお問合せを受け付けております。
※ご連絡頂く際に「HPを見た」と添えて頂けるとスムーズにご対応させていただくことができます。

⇒ TOP